スタッフブログ

年寄りがお届けする太宰府情報

投稿日:2016.05.07 | コメントをどうぞ

今回は苔寺で有名な光明寺を簡単に説明いたします。

正式名称は光明禅寺と言い、禅宗のお寺です。

私の菩提寺でもあります、配置として山門を入ると石庭があり、

 

WIN_20160410_100212

中央が本堂、

左が納骨堂(お位牌堂)

右が住職の住まい、

 WIN_20160410_100144

 WIN_20160410_100136

 

 

 

 

 

 

 

裏に代名詞である苔と石の庭があり、右奥に茶室があります。

 WIN_20150107_103421

 

 

 

 WIN_20150107_103433WIN_20150107_103519

 

 

 

 

 

 

 

 

 前の石庭と裏の苔と石庭とでは別世界で、特に裏の庭は四季の変化を見せ、

光の強弱でも違う顔をみせますし、見る方向からもまた違います。

本堂の裏回廊から見るのが一般的ですが、

WIN_20150107_103204

納骨堂の回廊からも見えますし、

一番お勧めしたい所は現在立ち入り禁止となっている奥の茶室から見るのが、

私は良いと感じています(皆さんは見れませんが)

一度のだけでなく必ず四季を通じて見られたら良い所です。

また、天満宮参道の中間付近に「かさの屋」と言うお店があり、

その奥に抹茶を飲みながら休息できる所があります。行ってみては。?

ゴールデンウィーク休みのお知らせ

投稿日:2016.05.02 | コメントをどうぞ

ホームページをご覧頂き有難うございます。

誠に勝手ではございますが、

5月3日~5月5日まで、休みとさせて頂きます。

5月6日からは通常通り営業いたしますので、

宜しくお願い致します。

春の過ごし方

投稿日:2016.04.06 | コメントをどうぞ

こんにちは。工務の立木です。

 

花粉の季節が来てしまいましたね、皆さんはまだ大丈夫ですか?

私は仕事以外引きこもりがちになり家で部屋の緑化計画を始めました♪

 

 

DSC_0313

実は写真の半分が100円ショップの造りもの。100円ショップも進化してきましたね!

 

 

 

下は建売住宅の断熱工事状況の写真です。建物の冷暖房効率や結露の発生に影響する大事な工事。当社では現場発泡ウレタンフォーム断熱材を標準仕様としています。

DSC_0434

 

それではまた次回。

工務古賀の水曜ブログ 第10回

投稿日:2016.03.23 | コメントをどうぞ

IMG_4070またまたしばらく間が空きました。

よく見てみると前回の第9回は、なんと2013年11月でした

今年は毎月更新したいと思います。

 

この写真は、去年のキャンプツーリング時に立ち寄った場所です

ジブリいいですよね。

今年もいろんなところへ行こうと思っているので、イロイロUPしていきます

ではまた次回。

 

 

 

年寄りの新人がお届けする太宰府情報

投稿日:2016.03.15 | コメントをどうぞ

年寄りの新人がお届けする太宰府情報

 

太宰府市は生活する上でとても良い所と思っていますので、

その事を少しずつこのブログで紹介していきたいと考えています。

 

まずは、お子さんの教育施設関係は太宰府市立の小学校が7校、私立が1校、

中学校は市立が4校 私立が1校、

高校は市立が2校 私立が2校、

大学は私立が7校、

その他数校の専門学校があります。

太宰府市の人口が7.2万程度で広さは30Km2程度の市に多くの学校が存在し、

福岡市内にも久留米方面にも通学が可能な所でお子さんの教育環境は良いと言えますし、

太宰府天満宮も控えていますので受験時の「苦しい時の神頼み」も頻繁に行くこともできます。

しかし、ご利益があるかは本人次第です。

 

交通の便も良い所で、フェリーの博多ふ頭・JR博多駅・福岡空港は都市高速を利用すると

1時間もかからず行けます、

高速道路の太宰府インター・筑紫野インターも30分もかからず高速に乗れますので

移動するにも良い所と思っています。

 

ただ難点が、交通渋滞が発生する事です。

太宰府天満宮は年末年始だけでなく、受験シーズンは無論年がら年中観光客が多く、

土日は天満宮周辺が渋滞し、年始時期は太宰府インターから繋がっています。

また、国立博物館の展示内容によってはこれもまた渋滞を起こします。

入社して1年経過の年寄りの新人です。

投稿日:2016.01.28 | コメントをどうぞ

工務部 萱島〔かやしま〕

 

今回生まれて初めてブログなる物を投稿することになり、

まずは何を書くべきか悩んでいます。

 

まずは自分自身の紹介を致します。

生まれも、幼稚園から高校まですべて太宰府の中で過ごし、

高校卒業後は市街での生活が主になりましたが、

同級生や先輩・後輩も多く太宰府に残っているようで、

あちらこちらに知った顔があり、お客様とか知り合った方と話すと

いろいろな人と繋がり、つくずく太宰府市内では悪いことは出来ないと

日々思っています。

 

高校卒業し福岡市内の地場のゼネコンで55才に早期退職するまで勤めていました

その後、久留米の鋼材販売会社のエコ事業部で60才前まで勤め

60才目前で縁あって眞鍋建設に入社することになりました。

ゆえに、もうすぐしたら61才となり棺桶に近ずいていますが、

元気だけが取り柄の人間です、

宜しくお願いします。

二日市中央建売*中間検査

投稿日:2016.01.15 | コメントをどうぞ

こんにちは。

設計部森本です。

 

産後休暇、育児休暇を頂きまして、昨年7月の復帰より半年が経ちました。

…月日の流れがあっという間すぎてびっくりします(゜゜)

 

さて、暖冬とはいってもやはり現場は寒く。

そんな中でも、大工さんたちが頑張ってくれています!

 

本日は、二日市中央建売2棟の行政と瑕疵担保保険の中間検査の日でした。

 

申請通りの建物が構造上問題なく建ち上がっているか。

IMG_4309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申請通りに金物がついているか。

IMG_4296

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

耐力面材や筋交いがきちんと施工されているか。

防水シートの重ね代はきちんととれているか。

などなど、たくさんのチェック項目がありますが、もちろん全て問題なく指摘なしでした!

 

引き続き大工さん、工務監督、設計担当と協力して皆さんに喜んで頂けるよう頑張ります!

 

お正月お休みのおしらせ

投稿日:2015.12.29 | コメントをどうぞ

ホームページをご覧頂き有難うございます。

誠に勝手ではございますが、

12月30日~翌年1月5日まで、お正月休みとさせて頂きます。

翌年1月6日からは通常通り営業いたしますので、

宜しくお願い致します。

クリスマス棟上げに向けて

投稿日:2015.12.15 | コメントをどうぞ

こんにちは。6月に入社した工務の立木です。

 

初めてのブログで緊張しますが、今日は趣味のガーデニングについて少々♪

皆さん「テラリウム」ってご存知ですか?

 DSC_0019

 

 

 

 

 

 

 

 

最近一目惚れして買ってしまったのですが、実はこんなに青々としていても水やりが1、2週間に1度でいい優れものなんです。

 

DSC_0021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この金魚鉢風の器が中の湿気を逃がしにくくして器内を亜熱帯のような状態にしているのだそう。他にもいろんな器や植物でつくったものがたくさんありますよ。興味のある方はぜひ1度育ててみてください。

 

さて二日市中央の建売住宅現場では、クリスマスの棟上げに向けて基礎工事が進んでいます。

DSC_0156

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ勉強中の身ですが、皆様から頼りにされる存在へ成長していきます!よろしくお願い致します。

 

 

三世帯住宅完成

投稿日:2015.11.19 | コメントをどうぞ

 こんにちは

またまた設計のかみむらです。

 

今回は福岡市南区に完成した三世帯住宅をアップします。

 前回も工事中をアップしましたが再度。。

三世帯

・夫の親

・妻の親

・夫婦家族

の三世帯が独立して生活ができる住宅。

玄関、水廻り、LDK+寝室の間取りになっていて

1LDK×3です。

内部ではそれぞれの玄関を通って行き来きが出来ます。

 

一つ屋根の下にいながらも完全に独立している。

週末やイベントの時に簡単に集まり、いろいろな面で協力しあえる。

兄弟や親戚家族などが遊びにくると、みんなと顔を合わせることができ

家族のまとまりを作ってくれる住宅です。

 

まずは外観、大きく南に下った屋根が包んでくれます。

太陽光も9.9KWのっています。

軒先を斜めにカットすることでシャープな印象に仕上げています。

センターのアクセント壁が各玄関へ引き込んでくれます。

_MG_7239 (1024x751)

 

_MG_7235 (1024x728)

 

_MG_7242 (683x1024)

 

_MG_7246 (1024x684)

 

_MG_7254 (1024x679)

 

_MG_7249 (1024x684)

 

_MG_7251 (1024x683)

こちらは1階の夫の親世帯

キッチン間にカウンター&収納を造作し機能的にコンパクトにダイニングを作っています。

リビング横の三枚扉を開けると寝室になっています。

時には開け放ってリビングと一体利用できます。

_MG_7171 (1024x691)_MG_7178 (1024x677)_MG_7172 (1024x675)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは1階の妻の親世帯

リビングとダイニングをクランクで分けることで壁のない個々の空間を作っています。

寝室とはガラス入りの建具でしきり、閉めていても南からの採光を得ることができます。

_MG_7186 (1024x681)_MG_7188 (1024x679)_MG_7190 (1024x683)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして2階が夫婦世帯。玄関を開けるとストリップ階段が迎えいれます。

壁には珪藻土の塗りで仕上げていることで玄関の臭いや湿気、有害部室を吸着してくれます。

_MG_7181 (682x1024)_MG_7184 (683x1024)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段を上がりリビングに入ると北西に抜ける景観とともに

勾配天井と小屋裏へつながる階段の木があたたかく包んでくれます。

床は足触りの良いクルミの無垢床をチョイス、

ランダムに配置されたキューブの窓が南の光を取り込みます。

時間帯によってリビング空間の表情を作ってくれます。

_MG_7194 (1024x683)  _MG_7197 (1024x685) _MG_7206 (1024x683)  _MG_7211 (685x1024)

リビングに小屋裏に上る階段を作ることで立体的な空間を感じることができます。

踏板に腰掛けテレビをみたり、窓から外を眺めたり、子供の遊び場になったり多用途な階段になっています。

 

階段を上るとにじり口のような低い通路を通って小屋裏へ

_MG_7203 (1024x679)_MG_7213 (1024x678)_MG_7212 (1024x685)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングを出て廊下を抜けると寝室やサニタリーがあるプライベートゾーンへ

_MG_7220 (683x1024)_MG_7217 (683x1024)_MG_7214 (693x1024)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 パウダールームの奥には1620のユニットバス

32インチのテレビがあり、お風呂に浸かりながら一日の疲れをゆったりと癒してくれます。

 

_MG_7221 (1024x680)_MG_7223 (684x1024)_MG_7225 (1024x683)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プライベートゾーンから小屋裏へ通じる天井収納のハシゴ、

小屋裏へは2アクセスになっていて窓からは福岡市が一望できます。

_MG_7226 (743x1024)_MG_7228 (1024x685)_MG_7232 (1024x683)ご協力いただいた工事関係者の皆様のおかげで

住み心地の良い住宅を建てることが出来ました。

本当にありがとうございました。