会社案内

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH(ゼッチ))への取り組み

ZEH(ゼッチ)とは、住宅で使うエネルギー量と太陽光発電システムなどで創るエネルギー量を差し引きして、

年間でプラスマイナス0以下になる住宅のことです。

 

ZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

 

 

ネットゼロエネルギーハウスにすると支援事業から補助金を受けることも可能です。

そのためには断熱性・気密性の高い家であることが重要になってきます。

 

 

 

 【ZEH(ゼッチ)に向けた具体策】

 

普段使う一次エネルギー(暖房・冷房・照明・給湯・換気など)を削減するための工夫として

高性能断熱材、高気密高断熱サッシ、省エネ家電、LED照明、日射の調整、外皮計算など駆使し

創エネルギー(太陽光発電システム)をプラスして1年間で消費する一次エネルギーをプラスマイナス「ゼロ」以下の

住宅になることを目指します。 

                                   ※テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、パソコン等は一次エネルギーに含まれません

 

 

 

【眞鍋建設株式会社の今後のZEH(ゼッチ)建築目標】

 

眞鍋建設株式会社では2020年までに、ZEH(ゼッチ)ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの目標普及率を100%とし、

実現に向けて取り組んでまいります。

年度別ZEH (ゼッチ) 目標普及率

 

  • 2016年度 実績0%
  • 2017年度 実績6
    • 2018年度 30%
    • 2019年度 60%
    • 2020年度 100%

 

 

【BELS工務店としての取り組み】

 

 BELS表示割合

 

  • 2017年度 実績6
    • 2018年度 30%
    • 2019年度 60%
    • 2020年度 100%